本文へジャンプ

障害者差別解消法

障がいのある人もない人も、共に生きる社会をめざして

 平成28年4月に「障害者差別解消法」が施行されました。
 この法律は、障がいのある人もない人も、互いにその人らしさを認め合いながら、共に生きる
社会をつくることを目指しています。

 この法律では、国・都道府県・市町村や会社、店などの民間事業者が障がいのある人に対する
「不当な差別的取り扱い」を禁止し、「合理的配慮の提供」を求めています。

対象者 不当な差別的取り扱い  合理的配慮の提供     
国の行政機関や地方公共団体 禁止 法的義務
会社や店などの民間事業者※ 禁止 努力義務

 ※個人事業者、NPOなどの非営利事業者を含む 

 

不当な差別的取り扱いとは

 障がいのある人に対して、正当な理由なく、障がいを理由として差別することです。正当な理
由があると判断した場合は、その理由を説明し、理解を得るよう努めることが大切です。

(具体例)
 ・障がいを理由に、受付の対応を拒否する。
 ・アパートを探しているのに、障がい者向け物件はないと対応しない。
 ・保護者や介助者がいないと店に入れない。

 

合理的配慮の提供とは

 障がいのある人から、社会の中にあるバリアを取り除くために何らかの対応を必要としている
との意思が伝えられたときに、負担が重すぎない範囲で対応することです。

(具体例)
 ・段差がある場合に、車いす利用者の補助をする。
 ・耳の不自由な人に対し、筆談で意思疎通をする。
 ・講演会などで、障がいのある人の障がい特性に応じて座席を決める。

 

 この法律の詳細については下記をご覧ください。


このページに関するお問い合わせ先

五泉市役所 健康福祉課
〒959-1692 新潟県五泉市太田1094番地1
TEL : 0250-43-3911 FAX : 0250-43-0417