本文へジャンプ
五泉市トップページ  市政情報  五泉市の計画  五泉市公債費負担適正化計画

五泉市の計画

五泉市公債費負担適正化計画

 起債の協議制移行に伴い、決算に伴う実質公債費比率(3ヵ年平均)が18%以上となった場合、起債発行の許可条件として、公債費負担適正化計画の策定が必要になっています。
 五泉市では、この比率が18%以上となるため、『公債費負担適正化計画』を策定しました。
 *実質公債費比率とは、標準的な財政規模に対する公債費等(公営企業債の返済に充てられた繰出金等を含む)の割合をいいます。