本文へジャンプ
五泉市トップページ  市政情報  届け出と証明・手数料  外国人住民の住民基本台帳制度

外国人住民の住民基本台帳制度

 

改正のポイント

外国人登録法が廃止され、住民基本台帳法の適用対象に加わります

 外国人住民の方は、外国人登録法に基づき外国人登録原票に記載され、日本人住民とは異なる制度に登録されています。そのため、現在は住民票には記載されていません。
 このたびの改正で、外国人登録法が廃止され、外国人住民の方も日本人住民の方と同様に住民票に記載されることになります。
 これまで外国人住民と日本人住民が一緒に暮らしておられる複数国籍世帯では、外国人登録原票記載事項証明書と住民票とで別々に証明を取得していただいていましたが、改正後は同一世帯であれば住民票に一緒に記載されることとなります。
 住民票の記載項目は現在の外国人登録制度から大幅に軽減されます。

住民票を作成する外国人住民の対象者

 外国人登録原票を元に、短期滞在者等を除いた、適法に3か月を超えて在留する外国人の方で住所を有する人について住民票を作成します。
 (1)中長期在留者(在留カード交付対象者)
 (2)特別永住者
 (3)一時庇護許可者又は仮滞在許可者
 (4)出生による経過滞在者又は国籍喪失による経過滞在者
※上記以外の方や、改正法施行日に在留資格がない人(外国人登録法における在留期間の記載事項の変更を市に届けていない人を含む)については、住民票を作成する対象者とならないため、住民票が発行できない場合があります。必要な方はお早めに所定の手続きをしてください。


 新しい在留制度(在留カード)、特別永住者の制度に関する詳しいお問い合わせについては、入国管理局又は外国人在留総合インフォメーションセンター(TEL:0570-013904又は03-5796-7112)へお問い合わせください。

  

外国人登録証明書は、順次切替が必要です

 改正後もしばらくの間は、現在の外国人登録証明が、「在留カード」又は「特別永住者証明書」とみなされますので有効ですが、下記のとおり順次切り替えていく必要があります。
 

特別永住者証明書とみなされる期間

16歳未満の方
16歳の誕生日まで
16歳以上で、次回確認(切替)申請期間が
2012年7月9日から3年以内に到来する方
2015年(平成27年)7月8日まで
16歳以上で、上記以外の方
次回確認(切替)申請期間の
始期とされた誕生日まで

 

 

 

  
  

在留カードとみなされる期間

永住者の方

16歳未満の方
2015年(平成27年)7月8日又は
16歳の誕生日のいずれか早い日まで
16歳以上の方
2015年(平成27年)7月8日まで
 
特定活動の方
※特定研究活動等により在留する方とその配偶者に限ります。
16歳未満の方
在留期間の満了日、2015年(平成27年)7月8日
又は16歳の誕生日のいずれか早い日まで
16歳以上の方
在留期間の満了日、又は2015年(平成27年)7月8日の
いずれか早い日まで
 
それ以外の在留資格の方
※「短期滞在」や在留資格がない方等、在留カードの交付対象と
ならない方は除きます。
16歳未満の方
在留期間の満了日又は、16歳の誕生日の
いずれか早い日まで
16歳以上の方
在留期間の満了日
 

このページに関するお問い合わせ先

五泉市役所 市民課
〒959-1692 新潟県五泉市太田1094番地1
TEL : 0250-43-3911 FAX : 0250-43-0417

五泉市村松支所 地域振興課
〒959-1705 新潟県五泉市村松乙130番地1
TEL : 0250-58-7181 FAX : 0250-58-8554