本文へジャンプ

市税に関する証明

市税に関する証明書                      

1 資産税関係                        

資産税関係の証明についてはこちらをご覧ください。

 

2 市民税関係                        

証明書の種類と手数料                     

種類

内容

手数料(1枚

課税(所得)証明書

市・県民税の税額及び前年の1月~12月の所得が記載されたものです。

300

児童手当用所得証明書

児童扶養手当用所得証明書

前年の1月~12月の所得が記載されたものです。

300

営業証明書

所在地及び営業種目が記載されたものです。

300

 課税(所得)証明書について

・市・県民税は11日現在の住所地で、その前年(1月~12月)の所得に対して課税されます。そのため、11日にお住まいの市区町村で発行されます。

・必要な年度・年分にご注意ください。

例)「平成27年度課税(所得)証明書」には、平成27年度の市・県民税の税額と、平成26年分(前年)の所得金額が記載されます。

・発行時期について、市・県民税が給与から天引きされている方(特別徴収)はその年の5月中旬、それ以外の方はその年の6月中旬からです。

・所得のない方は「0円」の証明が発行されます。事前に市・県民税の申告が必要になる場合があります。

 

窓口で申請する場合に必要なもの                

 本人及び同一世帯の親族が申請する場合

・証明書交付申請書(兼委任状)(窓口に備えてあります)

・窓口に来られる方の本人確認ができるもの(運転免許証や健康保険証)

手数料(1枚)300円

 

 代理人(同一世帯の親族以外)が申請する場合

・証明書交付申請書(兼委任状)(窓口に備えてあります)

・申請者(証明書が必要な方)の印鑑

・窓口に来られる方の本人確認ができるもの(運転免許証や健康保険証)

・手数料(1枚)300円

 

 営業証明書が必要な場合

・証明書交付申請書(兼委任状)(窓口に備えてあります)

・法人の代表者印

・窓口に来られる方の本人確認ができるもの(運転免許証や健康保険証)

・手数料(1枚)300円

 

3 納税関係                         

証明書の種類と手数料                     

種類

内容

主な用途

手数料(1枚

納税証明書

課税されている「税目、年税額、納付税額、未納額(到来)、未納額(未到来)」が記載されたものです。

借入・保証

300

納税証明書

(軽自動車継続検査用)

「車両番号、納税済年月日」が記載されたものになります。

軽自動車継続検査

(国保・介護・後期)

納付証明書

当年の1月~12月に納めた保険税(料)が記載されたものです。

年末調整

確定申告

 

窓口で申請する場合に必要なもの                

〇納税証明書

  本人及び同一世帯の親族が申請する場合

・納税証明書交付請求書(兼委任状)(窓口に備えてあります) 

・窓口に来られる方の本人確認ができるもの(運転免許証や健康保険証)

手数料(1枚)300円

  代理人(同一世帯の親族以外)が申請する場合  

・納税証明書交付請求書(兼委任状)(窓口に備えてあります)

・申請者(証明書が必要な方)の印鑑

・窓口に来られる方の本人確認ができるもの(運転免許証や健康保険証)

・手数料(1枚)300円

 

〇軽自動車(継続検査用)納税証明書
・納税証明書交付請求書(兼委任状)(窓口に備えてあります)
・車検証(コピー可)
・窓口に来られる方の本人確認ができるもの(運転免許証や健康保険証)

 

〇(国保・介護・後期高齢)納入証明書 
 本人及び同一世帯の親族が申請する場合
・(国保・介護・後期高齢)納入証明書交付申請書(兼委任状)(窓口に備えてあります)
・窓口に来られる方の本人確認ができるもの(運転免許証や健康保険証)
  代理人(同一世帯の親族以外)が申請する場合  
・納税証明書交付請求書(兼委任状)(窓口に備えてあります)
・申請者(証明書が必要な方)の印鑑
・窓口に来られる方の本人確認ができるもの(運転免許証や健康保険証)
 

4 郵便請求について                     

郵送で請求する場合は、次のものを同封のうえ、郵送してください。

1.申請書(以下からダウンロードし、必要事項を記入・押印してください)

 ・課税(所得)証明書等・営業証明書 等・・・証明書交付申請書(兼委任状)

 ・納税証明書・・・・・・・・・・・・・・納税証明書交付請求書(兼委任状)

 ・(国保・介護・後期医療)納付証明書・・・納付証明書交付請求書(兼委任状)

2.申請者の本人確認ができるもの(運転免許証や健康保険証の写し)

3.手数料分の定額小為替(無記入のもの) ※郵便局で購入してください。

4.返信用封筒(返信先の住所、氏名を記入し郵便切手を貼ってください)

5.車検証のコピー ※軽自動車(継続審査用)納税証明書の交付を申請する際に必要です。

 

5 受付場所・受付時間                    

受付場所                           

・五泉市役所 税務課  資産税関係・・・資産税係

  市民税関係・・・市民税係

  納税関係・・・・税収係

・村松支所 地域振興課 税務係

 

受付時間                           

平日の午前830分から午後515分まで

(土・日・祝日は受け付けておりません)